裏腿を使って走る方法。 | 人生が変わる 東京 ランニング パーソナルレッスン ROUGH(ラフ)

裏腿を使って走る方法。

皇居にてパーソナルレッスン。重心操作トレーニングとハムストにスイッチを入れるワークを。身体の使い方を向上させて膝の痛みや症状も無くなりました! #楽に走る身体の使い方 #ケガしないランニング #ランニング #ラン #ランニング指導 #パーソナルレッスン #パーソナルトレーニング #専属トレーナー #パーソナルトレーナー #ランニングトレーナー #フィットネス #ワークアウト #トレーニング #リーボック #フロートライド #hexawarm #人間をきわめろ #東京 #駒沢公園 #代々木公園 #世田谷公園 #皇居ラン #中目黒 #二子玉川 @naokimiura_official @naokimiura_tbw #スポーツトレーナー #ReebokOneアンバサダー

ROUGH ランニングパーソナルトレーニングサポートさん(@naokimiura_rough)がシェアした投稿 –

 

皇居にてパーソナルレッスン。

 

 

本日は、ランニング動作における無駄を無くす為の「重心操作コントロール」のトレーニングを。

 

 

重心操作って何だ?というあなたの為に、簡単に説明すると・・・

 

 

物体というのは、移動させようとすると、

それに比例して、エネルギーが必要になりますよね?

これを “運動エネルギー”といいます。

 

 

物理学なんかで習いましたよね?

 

 

ここでいう物体というのは、何も”モノ”だけではありません。

人間の身体も”物体”の一つです。

 

 

ランニングというのは、”人間の身体という物体”を前方へ移動させる為の「連続運動」です。

 

 

このランニング運動に、物理学の法則を当て込んで、

効率的に身体を前方へ動かす(走る)為の、身体操作を「重心操作」といいます。

 

 

物理的に、大きなモノを動かそうとすると、その大きさに比例してエネルギーが必要になります。

このエネルギーを、必要最小限に抑える事ができたら・・・

ランニングが”楽になる”ということは簡単に想像できますよね?

 

 

もっと砕いて言ってしまうと、

多くの人が、この”身体という物体”を動かす為に、多くの無駄(筋出力や身体の動き)が発生しているので、

その無駄を極限まで、無くしちゃいましょう!という事です。

 

 

その為に、ランニング時には、

・正しい(機能的な)着地足点
・股関節の捉え
・アクセル筋の操作
・ブレーキ筋の制御
・身体の力みの制御

などが、必要になってきます。

 

 

これらを、獲得することによって、スムーズなランニング運動が可能になります。

 

 

今日は、これらを習得する為のトレーニングをいくつか実施しましたが、

その後のランでは、

「走っていて初めて裏腿が筋肉痛になりました」

「でも、いつもより全然身体が疲れません」

と言っていました。

 

 

 

つまり、裏腿(アクセル筋)を使って走れているのと、筋出力や身体の動きの無駄を排除できた証拠でもあります。

 

 

更に、その関係性により、膝関節への余計な負荷が解消された事によって、

走るたびに悩まされていた、膝の痛みも改善することができました。

 

 

このように、ランニングというのは筋力や持久力などの「量的な能力」の他にも、

身体の操作能力や機能などの、「質的な能力」も重要だというのが分ってきますよね。

 

 

あなたも是非、身体操作に重点をおいたトレーニングを取り入れてみて下さい。

きっと、今よりも数倍ランニングが楽しくなりますよ♪

 

 

 

ROUGH トレーナー 三浦直樹

 

最新のブログ記事

        こんにちは。 東京ランニングパーソナルトレー...
        こんにちは。 東京ランニングパーソナルトレー...
        こんにちは。 東京ランニングパーソナルトレー...
        こんにちは。 東京ランニングパーソナルトレー...
        こんにちは。 東京ランニングパーソナルトレー...