走ると肩が凝りませんか? | 人生が変わる 東京 ランニング パーソナルレッスン ROUGH(ラフ)

走ると肩が凝りませんか?

今日は僕のお店 @naokimiura_tbw (中目黒)を拠点にパーソナルレッスン。 機能的な上半身の使い方トレーニング&ラン! #楽に走る身体の使い方 #ケガしないランニング #東京マラソン #桐生マラソン #ランニング #ラン #ランニング指導 #パーソナルレッスン #パーソナルトレーニング #専属トレーナー #パーソナルトレーナー #ランニングトレーナー #フィットネス #ワークアウト #トレーニング #リーボック #フロートライド #hexawarm #人間をきわめろ #東京 #駒沢公園 #代々木公園 #世田谷公園 #皇居ラン #中目黒 #二子玉川 @naokimiura_official #スポーツトレーナー #ReebokOneアンバサダー

ROUGH ランニングパーソナルトレーニングサポートさん(@naokimiura_rough)がシェアした投稿 –

 

東京マラソンに向けて、パーソナルレッスン。

 

今日は、僕のお店 Total Body Works を拠点に中目黒にてトレーニング。

 

 

 

 

よく、ランニングの初心者〜中級者くらいの方達から、

「走ると肩が凝ったり張ったりするんですが、どうしてですか・・・?」

と聞かれることがあります。

 

 

 

これらの原因は、結論から言うと”上半身を上手く使えていない”からなんですね。

 

 

そして、この上半身を上手く使う為の一つの要素として、

「肩の力が抜けている」という前提条件があります。

 

 

つまり、殆どの人は走ることで無意識に身体に力みが生じてしまっているんですね。

 

 

 

そして問題なのが、こういう方達は”力の抜き方を知らない”というケースが多々あります。

 

 

 

例えば、

両手を頭の上に上げて、その状態から一気に腕の力を抜いて脱力してみて下さい。

 

 

そうすると、腕がバタン!と下に落ちますよね?

 

 

ここに”本当の意味での脱力”のポイントがあるんですが、

腕がバタン!と下に落ちた後に、その反動で腕が再度上にフワッと跳ね返ってきますか?

 

 

力の抜きが出来ていない人は、腕がバタン!と下に落ちてお終いです。

 

 

しかし、”本当の意味での力が抜けている”方は、その重みで腕が下に落ちても、

肩関節で胴体と腕が繋がっているので、反動でフワッと腕が跳ね返ってくるんです。

 

 

この力の抜き方が出来ない人は、常に肩に力が入っている状態なので、

筋肉が硬直して肩こりのような症状が出てしまいます。

 

 

 

また、上半身の力みが抜けきれていない人は、

上半身を「胴体という大きな固まり」として自分の身体を捉えているため、

推進力を生む為に必要な、脊柱・肩関節・肩甲骨・鎖骨・肋骨(横隔膜)の機能を使いこなせていません。

 

 

人間の胴体というのは、「胴体という大きな固まり」ではなく、

複数の機能が細分化された集合体なので、それらを別々に使いこなす必要があるのです。

 

 

これが、上半身で生まれたエネルギーを下半身の動きに上手く連動させていくコツでもあるんです。

 

 

せっかく下半身に走力があっても、”上半身でその走力にブレーキ”をかけてしまっている人をよく見かけます。

 

これでは、エネルギーの消費が勿体ないですよね。

 

 

 

今日は、そんな上半身を上手に、機能的に、効率的に、

使う為のトレーニングを行いました。

 

 

 

もし、「走ると肩が凝るんだよな〜」という方は、

身体の力みを無くすトレーニングを取り入れてみて下さい。

 

 

今以上に、楽に走れるようになると思います。

 

 

 

ROUGH トレーナー 三浦直樹

最新のブログ記事

View this post on Instagram OMRON 最新コードレス低周波治療器のアン...
    View this post on Instagram   オ...
    こんにちは。 東京ランニングパーソナルサポート「ROUGH」の三浦です。...
    こんにちは。 東京ランニングパーソナルサポート「ROUGH」の三浦です。...
    こんにちは。 東京ランニングパーソナルサポート「ROUGH」の三浦です。...