「できるだけトレーニングしないでレースタイムを更新したい」と言われたら | 人生が変わる 東京 ランニング パーソナルレッスン ROUGH(ラフ)

「できるだけトレーニングしないでレースタイムを更新したい」と言われたら

 

 

こんにちは。
東京ランニングパーソナルサポート「ROUGH」の三浦です。

 

 

今回は、

“もしも「できるだけトレーニングしないでレースタイムを更新したい」と言われたら
どんな方法でタイムを更新させるか?

 

ということを書いていきたいと思います。

 

 

「できるだけトレーニングしないで」という方の多くは、
・トレーニングする時間がなかなか取れない
・なんとなくエントリーしたレースに当選してしまった
・走ることがそんなに好きではない
・できるだけ楽をしたい
のどれかに当てはまると思います。

 

 

文章にしてみると、どの理由もズボらな人のようなイメージが出てしまいますが、
何を隠そう、僕は全部に当てはまるタイプなので、ご安心下さい!

 

気持ちは十分に理解できます(笑)

 

では、今回は僕の場合はこれらをどのように解決していくか・・・
というのを説明していきます。

 

 

まず、トレーニングと一概に言っても様々あります。

 

ちょっと専門的な話になりますが、

 

 

一般的な筋力や持久力を鍛える為のトレーニングが「量的トレーニング」です。
好きか嫌いかは別として、みなさんが辛いなと感じる類のものです(笑)

 

 

そして、

もう一つが、身体の本質的能力を鍛える「質的トレーニング」です。
これは、簡単に言ってしまえば、身体操作能力と言われている、
効率的且つ機能的な”身体の使い方”を習得する為のトレーニングです。

 

 

身体の質や動きの質にフォーカスしたトレーニング手法で、
昨今は、各競技のトップアスリート達も着目し取り入れているトレーニングの一つです。

 

 

今までは”センス”という言葉で片付けられてきた運動能力を向上させることによって、
運動時の身体の癖や弱点を克服したり、運動パフォーマンスを上げていって、
その人が持つポテンシャルを最大限に発揮させることを目的とした手法になります。

 

 

この説明から分かるように、

 

量的トレーニングというのは、
その能力を向上させるには、多くの時間とエネルギーを費やさなければなりません。

 

反して、

 

質的トレーニングというのは、
量的トレーニングに比べると強度や時間も必要ないので、
比較的シンプルに、その能力を向上させる事ができるようになります。
※個人差はあります

 

 

このトレーニングをランニングに活用すると、
どんな効果やメリットがあるかというと・・・

・ランニング効率が上がるので、長い距離や時間を走っても疲労度が減る
・動きの質が変わるので、少ないパワーで最大限のエネルギーを活用できる
・動きに無駄がなくなるので、エネルギーロスを無くすことができる
・身体に無駄な負荷がかからなくなるので、怪我の回避ができる
・身体操作能力が上がるので、必然的に効率の良いランニングフォームを習得できる

etc

 

 

結果として、今までよりも早く走れるようになったり、
長い距離を楽に走れるようになったりします。

 

 

もちろん、これらのトレーニングの延長線上に
持久力や筋力を強化する量的トレーニングをするのが一番良いですし、

 

 

大前提として、トレーニングは楽せずコツコツつい上げたものが一番効果を発揮する
というのは肝に命じておいて下さいね(笑)

 

 

というわけで、もしもあなたが

「できるだけトレーニングしないでレースタイムを更新したい」

という場合には、僕が本質的能力を向上させて、レースタイムを更新させますので、

「そのトレーニング受けてみたい」

と思われましたらぜひ一度ご相談ください。

 

 

 

 

初回無料カウンセリング実施中です。

 

 

 

ROUGHトレーナー 三浦

 

 

最新のブログ記事

    View this post on Instagram   オ...
    こんにちは。 東京ランニングパーソナルサポート「ROUGH」の三浦です。...
    こんにちは。 東京ランニングパーソナルサポート「ROUGH」の三浦です。...
    こんにちは。 東京ランニングパーソナルサポート「ROUGH」の三浦です。...
  こんにちは。 東京ランニングパーソナルサポート「ROUGH」の三浦です。  ...