お客さまの膝の痛みが明らかに「走ること」が原因だったとき ROUGHではどのような対応をしているか | 人生が変わる 東京 ランニング パーソナルレッスン ROUGH(ラフ)

お客さまの膝の痛みが明らかに「走ること」が原因だったとき ROUGHではどのような対応をしているか

 

 

こんにちは。
東京ランニングパーソナルサポート「ROUGH」の三浦です。

 

 

ランニング初心者~中級者の方のの悩みでよくあるのが、
「○○キロ以上走ると膝が痛むんです」というものです。

 

 

 

そして、その原因が明らかに
「走ること」が原因であることが往往にしてあります。

 

 

 

いくら他にスポーツなどをやっていたとしても、
今まで長い時間や長い距離を走ったことのない人が、
急に頑張って走り始めると、身体の筋肉や関節に負担がかかり、
痛みが出てしまうのも当然です。

 

 

症状が悪化してしまうと、腸脛靭帯炎・鵞足炎などの
一般的にランナー障害と言われる重度のケガへ発展しかねません。

 

 

 

このような場合、あえて本音を言ってしまえば
走ることを辞めてしまえば、不調は改善します。

 

 

しかし、現実はそうもいかない場合も多々あるかと思います。
「ランニングが楽しくなってきたから走るのを辞めたくない」
「もうすぐマラソンのレースに参加するのでトレーニングを休止したくない」
「走らないとなんだか不安な身体になってしまっている」
etc

 

 

では、このような場合
ROUGHでは、どのように改善へと導くか?

 

その基本的な考えは、

「走り方を変える」

というものです。

 

 

身体のどこかに不調(痛みや違和感)が現れている場合、
その多くのケースが、患部に”無駄な負荷”がかかってしまっています。

 

”無駄な負荷”というのは、必要以上にそこに負担がかかっているということなので、
その負担を無くさせる「走り方」をすれば良いのです。

 

 

どういうこよかというと・・・

 

 

 

例えば、膝の痛みのケースだと、

「走り方が間違っている」

「膝関節や周辺筋組織にストレスが生じる」

「無理なストレスが蓄積されて、筋肉の拘縮や関節間に炎症が起きる」

「筋肉や関節が本来の動きや機能を果たさなくなる」

「動いていない・機能していない部位を補うようにフォームが崩れる」

「身体や患部への負担が増加して、痛みや違和感が増加する」

という悪循環となってしまうのです。

 

 

そこで、ROUGHでは

“身体の使い方”を向上させるトレーニングして
走り方を変えていきます。

 

 

走り方を変えるというか、人間の身体の本来の動き(正常な可動性・機能性)を
取り戻すと言った方が正しいかと思います。

 

身体のどこかに痛みや違和感を感じているランナーさんの多くは、
その原因に、この「身体の使い方の下手さ」があります。

 

 

身体を今よりも上手に使いこなせることができるようになったら、
走る運動行為自体がもっと楽になりますし、怪我の予防にも繋がります。

 

 

ROUGHのお客さんの事例を上げると、
下半身の動かし方を変えただけで、膝の痛みが取れて
フルマラソンのタイムが30分も短縮できた人もいますからね。

 

ROUGHは、ただ単に「走る」というトレーニングだけではなく、
こういった、ランニングと身体の構造の本質的なところから指導していきます。

 

 

膝や身体各所の痛みや違和感に苦しんでいる方がいらっしゃいましたら、
ぜひ一度ご相談ください。

 

 

 

 

初回無料カウンセリング実施中です。

 

 

ROUGHトレーナー 三浦

 

 

最新のブログ記事

    View this post on Instagram   オ...
    こんにちは。 東京ランニングパーソナルサポート「ROUGH」の三浦です。...
    こんにちは。 東京ランニングパーソナルサポート「ROUGH」の三浦です。...
    こんにちは。 東京ランニングパーソナルサポート「ROUGH」の三浦です。...
  こんにちは。 東京ランニングパーソナルサポート「ROUGH」の三浦です。  ...