ランニングで推進力を生み出すのは腕ではなくて○○。 | 人生が変わる 東京 ランニング パーソナルレッスン ROUGH(ラフ)

ランニングで推進力を生み出すのは腕ではなくて○○。

 

こんにちは。

 

東京ランニングパーソナルトレーニングサポート「ROUGH」

トレーナーの三浦です。

 

 

 

今日は、ランニングで大事な上半身の動き。

ランニングフォームで、腕の振り方はどうするのが正解なのか?

 

「正しい腕振り方」を解剖学やスポーツ科学に則った知識をもとに解説していこうと思います。

 

この腕振り動作について、ネットとかで調べてみると・・・

 

「腕を大きく振ればストライドが伸びる」

とか

「足の動きと腕振りは連動している」

とか

「腕を振れば推進力が上がる」

 

なんて、出てきますけど・・・

 

 

どれも間違ってはいないですけど、厳密にいうと間違っていたります。

 

 

どういうことかというと、

ランニングで腕を振るという動作は、とても重要な要素ではありますけど、

実は、「腕を振るという」言葉は本質的ではありません。

 

 

それは、走る時の腕の振り方が、トップランナーも含めて

人それぞれで随分違うというのが表していると思います。

 

 

 

じゃあ、ランニングする際の「腕振り」ってなんなのか?

「正しい腕の振り方は存在するのか?」

「正解があるとしたら、どうやって腕を振ったら良いのか?」

今日は、その辺を詳しく解説していきたいと思いますので、

 

正しい、腕振り、上半身の使い方を理解して、

爆発的な推進力を生み出したい!

 

今よりも楽に走りたい!

という方は、是非、最後までご視聴下さい。

 

 

 

是非、チャンネル登録お願いしますm(_ _)m

 

 

 

最新のブログ記事

    こんにちは。 東京ランニングパーソナルトレーニングサポート「ROUGH」...
    こんにちは。 東京ランニングパーソナルトレーニングサポート「ROUGH」...
    こんにちは。 東京ランニングパーソナルトレーニングサポート「ROUGH」...
    こんにちは。 東京ランニングパーソナルトレーニングサポート「ROUGH」...
    こんにちは。 東京ランニングパーソナルトレーニングサポート「ROUGH」...