ランニング腕振り動作の改善でスピードUP!ロリポリストレッチ | 人生が変わる 東京 ランニング パーソナルレッスン ROUGH(ラフ)

ランニング腕振り動作の改善でスピードUP!ロリポリストレッチ

 

 

こんにちは。
東京ランニングパーソナルトレーニングサポート「ROUGH」
トレーナーの三浦です。

 

 

今回は、肩甲骨の外転位獲得のためのストレッチ、「ロリポリストレッチ」をご紹介したいと思います。

 

今までも、肩甲骨関連のストレッチをいくつかご紹介してきましたけど、今回のはランニングの腕振り動作に直結する動き、肩甲骨の可動域をとるストレッチになります。

 

ランニングの腕振りは、「肩甲骨がポイントですよ〜」「肩甲骨を降ると推進力が出ますよ〜」みたいなことは、各所で言われていますけど、じゃあ、肩甲骨をどのポジションで動かせば良いか?は、案外誰も言ってないんですよね。

 

ランニングの腕振りで推進力を生み出そうとしたら、肩甲骨を寄せて動かしても意味がなくて、外転位にする必要があります。

 

というか、人間の身体というのはどんなスポーツをする時でも、肩甲骨を外転位にした時にそのパフォーマンスを最大限に発揮することができます。

 

 

身近なところだと、野球のピッチングやバッティング、ゴルフのスイング、サッカーでボールを蹴る時もそうですし、テニス、ボクシング、ダンス、ボーリングする時もそうですね。

 

もちろん、ランニングをする時もです。

 

 

走るときは「肩甲骨を動かしましょう!」なんて言ってる人も、何故かどの位置で動かしましょうとまでは教えてくれないんですが・・・

(多分、人間の身体の構造を理解していないんだと思いますけど・・・)

 

 

 

肩甲骨の外転位というのは、ランニングをする時の上半身操作による推進力を生み出しますし、首・肩周り、上半身の緊張や力みの制御にも繋がります。

 

走っていると肩が上がってきてしまう人とか、走った後に肩こりみたいな症状が出てしまう人は、上半身の緊張や力みが原因ですね。

 

そういったことを改善する役割も果たしますので、肩甲骨の外転位ポジションてめちゃくちゃ重要だったりします。

 

 

今日はそんな、肩甲骨の外転位ポジションを獲得する為のストレッチをご紹介したいと思います。

 

肩甲骨を正しく動かしたい、正しい腕振り動作を理解して、よりスムーズに走れるように推進力を生み出したい、走っている際の首や肩の緊張を取り除きたい、という人は一緒にやっていきましょう!

 

 

 

是非、チャンネル登録お願いしますm(_ _)m

最新のブログ記事

    こんにちは。 東京ランニングパーソナルトレーニングサポート「ROUGH」...
    こんにちは。 東京ランニングパーソナルトレーニングサポート「ROUGH」...
    こんにちは。 東京ランニングパーソナルトレーニングサポート「ROUGH」...
    こんにちは。 東京ランニングパーソナルトレーニングサポート「ROUGH」...
    こんにちは。 東京ランニングパーソナルトレーニングサポート「ROUGH」...