ランニングは呼吸で決まる!持久力が上がる呼吸法とは? | 人生が変わる 東京 ランニング パーソナルレッスン ROUGH(ラフ)

ランニングは呼吸で決まる!持久力が上がる呼吸法とは?

 

 

こんにちは。
東京ランニングパーソナルトレーニングサポート「ROUGH」
トレーナーの三浦です。

 

 

 

今日は「呼吸」についてお話をしていこうと思います。

 

ランニングをする上で大事な能力の一つに「心肺機能」というのがあるのはみんなさんご存知ですよね?

 

「心肺機能」というのは、簡単に説明すると、その字のごとく心臓と肺の機能を両方まとめた機能なんですけど、酸素を体内に取り入れて、その酸素を身体全身に循環させて筋肉を動かすためのエネルギーに変える働きを言います。

 

 

この心肺機能が鍛えられると、より多くの酸素を体内に取り組むことができて、早いスピードで走り続けることができたり、疲労を抑えたりすることができます。

 

 

逆に心肺機能が弱いと、走っていて「ゼーハーゼーハー」息が苦しくなってしまったり、疲労を感じるのが早くなってしまったりしますね。

 

 

おそらく、「ランニングが苦手だ〜」とか「走るのが嫌い〜」なんて人は、この現象が辛いからという理由が殆どだと思います。

 

 

 

そんな「心肺機能」なんですが、どれくらいの酸素を口から取り込めるか?というのは、肺の働きや機能性に依存します。

 

 

つまり、どれくらい肺をきちんと動かせているかで、「心肺機能」全般の能力が決まってきますし、肺がきちんと機能していれば、走っても息が苦しくなることはそんなにありませんし、スピードを出すことも、疲労を最小限に抑えることも可能なわけです。

 

 

 

そして、ここで問題定義したいのは「現代人の殆どの人が、正しく呼吸ができていない」「呼吸の質が悪い」というのがデータで立証されているということです。

 

 

 

これは何を意味するかというと、もし、あなたが普段から正しい呼吸ができていないとしたら、正しい呼吸を知る、正しい呼吸をマスターするだけで心肺機能を上げることができるということですね。

 

辛いインターバル走とかペース走をしなくても、持久力が上がるかもしれないということです。

 

 

しかも、もし、あなたが正しくない呼吸のまま心肺機能を上げるトレーニングをしていたとしたら・・・

 

その効果や成果は、本当はもっと良いものになる可能性だってあります。

 

 

 

今日はそんな、人間にとって正しい呼吸ってどういうものなのか?というお話と、

「自分の呼吸が正しいのか間違っているのか?」
「間違っていたら正しく呼吸するためにはどうしたら良いのか?」

 

 

正しい呼吸をするためのワークをご紹介していくので、

・効率的に心肺機能を向上させたい
・正しい呼吸法を知りたい
・正しい呼吸法マスターしたい

という人は、是非、最後までご視聴下さい。

 

 

 

 

是非、チャンネル登録お願いしますm(_ _)m

最新のブログ記事

    こんにちは。 東京ランニングパーソナルトレーニングサポート「ROUGH」...
    こんにちは。 東京ランニングパーソナルトレーニングサポート「ROUGH」...
    こんにちは。 東京ランニングパーソナルトレーニングサポート「ROUGH」...
    こんにちは。 東京ランニングパーソナルトレーニングサポート「ROUGH」...
    こんにちは。 東京ランニングパーソナルトレーニングサポート「ROUGH」...