「たった1分やるだけで解決!」ランニングによる股関節の痛みを改善する方法 | 人生が変わる 東京 ランニング パーソナルレッスン ROUGH(ラフ)

「たった1分やるだけで解決!」ランニングによる股関節の痛みを改善する方法

 

 

こんにちは。
東京ランニングパーソナルトレーニングサポート「ROUGH」
トレーナーの三浦です。

 

 

 

今日はですね、ランニングをしている人の中でもポピュラーな悩みの一つ。

「股関節の痛み」の解決方法をお伝えしていこうと思います。

 

フルマラソンとか長い距離を走ると、股関節周りが痛くなってきて走り続けることができないとか、スピードを維持できなくなってしまうなんて人、結構いるんじゃないでしょうか?

 

初心者ランナーさんでも走ることに慣れてきて、ちょっと頑張って長い距離や長い時間を走れるようになると、「股関節が痛いんです〜」なんていう人多いですよね。

 

 

 

じゃあ、ランニングで股関節が痛くなってしまう理由ってなんなのか?というと・・・

 

 

 

まあ、厳密に言うと、痛みが出る部分であったり痛みの出方によって、その原因は違ってくるんですけど、大きく分けると次の6つが考えられます。

 

・身体の左右バランスが違う
・股関節のアライメント不良(O脚/X脚)
・大腿骨の軟骨が摩耗してしまっている
・股関節の可動性の欠如(柔軟性ではない)
・オーバーユース(無理なスピード練習など)
・前腿を使って走っている(身体を脚で前に押し出すように走っている)

 

ですね。

 

 

ランニングにおいて股関節と言うのは、足の運びだったり、自分の体重を支えたり、地面からの衝撃を吸収したり、身体のバランスを保ったり、とても重要な役割を果たす部位になります。

 

その分、股関節をきちんと使えてないと、ランニング中にかかる負担も相当なものになってしまうんですね。

 

 

だから、股関節を正しく使える状態にするということが、凄く大切です。

 

 

さっきお伝えした、身体の左右バランス、アライメント不良、軟骨が摩耗、可動性の欠如、オーバーユース、前腿を使って走る、というのは、股関節を正しく使えてさえいれば防ぐことができます。

 

 

 

で、股関節に痛みが出た時の対処法としては、ストレッチをして股関節の柔軟性を上げるとか、股関節に関連する筋肉を強化するとか、筋膜を緩めるとか、色々なことが言われていますが、どれも的を得ていないというか・・・

 

 

どれも間接的に股関節を保護するという考え方で、股関節自体にフォーカスした改善方法じゃないんですよね。

 

 

そもそも、股関節がきちんと使える状態になってないと、ストレッチしたって筋トレしたって意味がなくて、本質的な解決にはならないので、まずは股関節が正しく動くような環境を作ってあげるのが先決だと、僕は思います。

 

 

 

 

なので、今日はですね、股関節が正しく動くように、正常に機能するような状態を作ってあげる為のトレーニングをご紹介したいと思います。

 

 

股関節を正しく使えていれば、さっき言ったような痛みを回避することもできますし、怪我のリスクも減らせます。

 

もっと言うと、本質的なフォーム改善にも繋がるので、楽に走れるようになれますし、スピードも出てタイムを更新させることだって可能です。

 

逆に、股関節を正しく動かせない状態でいくら頑張って走っても、痛みが出てしまったり、怪我の発症リスクを高めたりしてしまいます。

 

 

 

「走ると股関節に痛みや違和感が出る」という人は、これをたった1分やるだけで、股関節を正しく動かせるようになって、股関節への負担が減って痛みも出なくなりますよ!というトレーニング方法をお伝えするので、是非、最後までご視聴下さい。

 

 

勿論、身体の左右バランスの悪さや、O脚やX脚などのアライメント不良、柔軟性や可動域の欠如、フォームや走り方の改善にも繋がります。

 

 

 

 

 

是非、チャンネル登録お願いしますm(_ _)m

最新のブログ記事

    こんにちは。 東京ランニングパーソナルトレーニングサポート「ROUGH」...
    こんにちは。 東京ランニングパーソナルトレーニングサポート「ROUGH」...
    こんにちは。 東京ランニングパーソナルトレーニングサポート「ROUGH」...
    こんにちは。 東京ランニングパーソナルトレーニングサポート「ROUGH」...
    こんにちは。 東京ランニングパーソナルトレーニングサポート「ROUGH」...