「骨盤使って走れてる?」仙腸関節を使って今より効率良く走る方法 | 人生が変わる 東京 ランニング パーソナルレッスン ROUGH(ラフ)

「骨盤使って走れてる?」仙腸関節を使って今より効率良く走る方法

 

 

こんにちは。
東京ランニングパーソナルトレーニングサポート「ROUGH」
トレーナーの三浦です。

 

 

 

今日は、「骨盤」について解説していこうと思います。

ランニングする時の、「正しい骨盤の使い方」です。

 

「骨盤」て、特に女性に比べて男性なんかは普段あまり意識することってないですよね?

 

骨盤に関して言うと、ランニングする時に左右差があると「膝への負担が増える!」とか、「筋肉の付き方が歪になる」とか、「単純に、走っていて疲れやすい」とか、色々なことが言われていると思います。

 

 

普段の生活に落とし込むと、骨盤の歪みが姿勢を悪くさせて、代謝や血流が滞る原因になったり、太りやすい体質の原因になってしまったり、スタイルとか体型を悪くさせてしまったり・・・

 

「骨盤」は、色々な要因を作る、大事な部位の一つだったりしますね。

 

 

 

ランニングの本やネット記事なんかで多いのは、「骨盤を立てなさい!」とか「骨盤は前傾させる!」なんてのを目にしたり、耳にしたりしたことがある方は、結構多いと思います。

 

この骨盤のポジションについても、「前傾させた方が早く走れる」と言う人もいれば、「前傾させたら脚が出にくいからダメだ!」とか、まあ色々言われていたりします。

 

 

で、僕的に一つお伝えしておきたいことは、ランニングって身体を動かし続ける運動なので、普通に考えてると、もちろん骨盤も動かし続けないといけないですよね。って、ことです。

 

なので、骨盤を立てるとか前傾させるとか、動きの中の一部の局面だけをフォーカスするんじゃなくて、自分の身体の動き、局面局面に合わせて自在に動かして、適正なポジションを取っていきましょう!というのが、本質的で正しい考え方なんじゃないかな?と思います。

 

 

そこで、今日は、その骨盤を自在に動かすためのトレーニングをご紹介していこうと思います。

 

 

骨盤を動かすって、殆どの人が考えたことないと思いますけど、ランニングやスポーツをする時には結構大事な要素になります。

 

骨盤が動くかどうかで、動作に違いが出てきますからね。

 

にも関わらず、骨盤を自在に動かせる人って全然いないんですよね・・・。

 

 

 

 

骨盤というのは、大きく「腸骨」と「仙骨」の二つの骨から成り立っています。厳密には、他にも坐骨とか尾骨とか恥骨があるんですけど、これらは動かすことができないので、今日は頭から省きます。

 

「腸骨」と「仙骨」、この2つを自由に動かせるようになりましょう。

 

で、「腸骨」と「仙骨」を動かすには、その間にある「仙腸関節」を動かすことがポイントになります。

 

ただ、この「仙腸関節」というのは、自分の意識で操作することのできない関節でもあるので、他動的に動かす必要性が出てきます。

 

 

この仙腸関節の可動性を他動的に広げると、仙骨を中心として左右の腸骨を分離して操作することができるようになるので、ランニングをする時に、下半身のバランスを整えて、動きのロスだったり、筋出力を軽減させることができます。

 

つまり、必要以上に疲れないし、身体に負担がかからないので楽に走れるようになれますよ!ってことです。

 

あと、ストライドが伸びたり、ランニングエコノミーが向上したり、体幹を上手く使えるようになったり、まあメリットしかないと思います。

 

それでは、早速やってみましょう!

 

・ランニングにおける正しい骨盤の使い方、動かし方を知りたい!
・骨盤を上手く使って、楽に走りたい、効率良く走りたい!

 

という人は、最後までご視聴下さい!

 

 

 

 

 

是非、チャンネル登録お願いしますm(_ _)m

最新のブログ記事

    こんにちは。 東京ランニングパーソナルトレーニングサポート「ROUGH」...
    こんにちは。 東京ランニングパーソナルトレーニングサポート「ROUGH」...
    こんにちは。 東京ランニングパーソナルトレーニングサポート「ROUGH」...
    こんにちは。 東京ランニングパーソナルトレーニングサポート「ROUGH」...
    こんにちは。 東京ランニングパーソナルトレーニングサポート「ROUGH」...