骨格ランニングは本当に疲れないのか?「骨で走るコツ」 | 人生が変わる 東京 ランニング パーソナルレッスン ROUGH(ラフ)

骨格ランニングは本当に疲れないのか?「骨で走るコツ」

 

 

こんにちは。
東京ランニングパーソナルトレーニングサポート「ROUGH」
トレーナーの三浦です。

 

 

今日は、骨を上手く使えば
「疲労を軽減させて、楽に走れるようになる」
「スピードが出せるようになる」
「怪我のリスクを減らせる」
というお話をしていきたいと思います。

 

もう5~6年前くらいになりますかね?

骨格ランニングという本が一時期話題になりましたけど(僕は読んでないんですけど・・・)、「筋肉よりも骨で走れば速くなる!」っていうような内容だったかと思います。

 

で、僕はこの本を読んでいないので、この本の内容と今日僕がお話しする内容が、どれくらい相互性があるかは分からないんですけど・・・

 

 

実は、僕も普段のランニングレッスンで

「前ももの筋肉は使っちゃダメ」
「筋肉はできるだけ脱力させて」
「もっと骨を意識して」
「関節をうまく使って」

みたいな事をアドバイスしていたりします。

 

これは、筋力とか持久力に依存してしまうと効率的にランニングできませんよ!って、事ですね。

 

多分ですけど、この理屈って「骨で走る」という概念と近からず遠からずだと思います。

 

 

なので、今日は僕が普段指導している内容の理論的な説明と、僕自身が実践して一番しっくりきている「骨を使って走る方法」と、その方法をマスターするためのトレーニング方法を一つご紹介してみようかと思います。

 

ちなみに、先ほども言いましたけど、「骨格ランニング」という本を僕は読んでいないので、その内容を求められても少し食い違う内容になってしまうかもしれません。

 

あくまでも、スポーツトレーナーという立場から「骨で走るってこういうことですよ」「こんなメリットがありますよ」というインストラクションになることを、まずはご了承下さい。

 

 

続きは動画で↓

 

 

 

是非、チャンネル登録お願いしますm(_ _)m

最新のブログ記事

    こんにちは。 東京ランニングパーソナルトレーニングサポート「ROUGH」...
    こんにちは。 東京ランニングパーソナルトレーニングサポート「ROUGH」...
    こんにちは。 東京ランニングパーソナルトレーニングサポート「ROUGH」...
    こんにちは。 東京ランニングパーソナルトレーニングサポート「ROUGH」...
    こんにちは。 東京ランニングパーソナルトレーニングサポート「ROUGH」...