ランニングにおけるカラダの使い方 | 人生が変わる 東京 ランニング パーソナルレッスン ROUGH(ラフ)

ランニングにおけるカラダの使い方

【効率良く走るための身体の使い方】 今日は主に下肢を中心にアドバイス&トレーニング。 #機能的な着地足 #大腰筋を使えるようにする為のワーク #Tレフストレッチ #大腰筋ランジ #骨盤 #仙腸関節の調整ワーク #脊柱ストレッチ #股関節トレーニング 「走る時の身体が軽くなった」 「これなら何処まででも走れそう」と言って頂きました^ ^ #ランニング #ラン #ランニング指導 #パーソナルトレーニング #専属トレーナー #パーソナルトレーナー #ランニングトレーナー #フィットネス #ワークアウト #トレーニング #ダイエット #東京 #駒沢公園 #代々木公園 #世田谷公園 #皇居ラン #中目黒 #二子玉川 @naokimiura_official

ROUGH ランニングパーソナルトレーニングサポートさん(@naokimiura_rough)がシェアした投稿 –

 

本日のパーソナルレッスンのお客様。

 

11月のレースに備えて、

「正しい走り方を習ってみたい」

「楽しく走り続ける方法を知りたい」

という、ご要望。

 

 

おそらく殆どの人が、ただなんとなく

長い距離、長い時間を走れば、ランニングの能力は上がる。

と思っているかもしれませんが、

その結果、故障やケガに苦しんでしまっている人も多くいたりもします。

 

 

そのような状況にならないように、ランニングパフォーマンスを向上させる為に

ランニングにおける”身体操作能力を上げる”ということは、非常に重要だったりします。

 

 

今よりも楽に走れるようになる為に・・・

故障なく長くランニングを楽しめるように・・・

 

 

その為の、トレーニングを中心にお伝えしました。

 

 

今日は、下肢を中心にトレーニング。

 

①身体の重心操作とスライド能力を上げる為の股関節の機能性を向上させる為のトレーニング。

②推進力を向上させる為の脊柱ワーク

③膝や腰に負担がかからない為の機能的な着地足のレクチャー

④アクセル筋優位の身体操作を可能にする為の大腰筋ワーク

⑤身体への負担を軽減する為の骨盤・仙腸関節の調整ワーク

 

これらを実施した後に、軽くランニング。

雨が降ってきてしまったので、早々に切り上げましたが・・・f^^;

 

 

 

それでも、①〜⑤のトレーニングワークを実施した後のランニングの感想で、

「走る時の身体が軽くなった」

「これなら何処まででも走れそう」

と言って頂きました。

 

 

特に頑張らなくても自然にスピードも上がっていました。

これにはきちんと理由があり、身体機能を引き出したからなんですね。

 

 

正しい身体操作と、正しく身体の機能を使うことによって、

ランニング負荷の軽減や、ケガや障害を未然に防ぐこともできるようになります。

 

 

 

「正しい走り方を習ってみたい」

「楽しく走り続ける方法を知りたい」

 

そんな”想い”を持っている方は、是非ROUGHまでご連絡下さいませ。

 

 

ROUGHトレーナー 三浦直樹

最新のブログ記事

        こんにちは。 東京ランニングパーソナルトレー...
        こんにちは。 東京ランニングパーソナルトレー...
        こんにちは。 東京ランニングパーソナルトレー...
        こんにちは。 東京ランニングパーソナルトレー...
        こんにちは。 東京ランニングパーソナルトレー...