ランニングで足が重くならない方法 | 人生が変わる 東京 ランニング パーソナルレッスン ROUGH(ラフ)

ランニングで足が重くならない方法

世田谷公園にて、ランニングパーソナルレッン。 来週のハーフに向けて最終調整。股関節、ウナの捉え方の発展型トレーニング&ラン。 だいぶ下半身に無駄な動きや力みが無くなってきました! #楽に走る身体の使い方 #ケガしないランニング #ランニング #ラン #ランニング指導 #パーソナルトレーニング #パーソナルレッスン #専属トレーナー #パーソナルトレーナー #ランニングトレーナー #フィットネス #ワークアウト #トレーニング #ダイエット #ランニング女子 #東京 #駒沢公園 #代々木公園 #世田谷公園 #皇居ラン #中目黒 #二子玉川 @naokimiura_official #リーボック #フロートライド #人間をきわめろ #リーボックワンアンバサダー #スポーツトレーナー

ROUGH ランニングパーソナルトレーニングサポートさん(@naokimiura_rough)がシェアした投稿 –

 

世田谷公園でのランニングパーソナルレッスン。

 

来週、ハーフマラソンの大会を控えているお客様。

 

 

 

ランニングをしていると、

・足が重たく感じる

・なかなか足を前へ運べない

・下半身がダルい

etc

 

こんな事を思った事はないでしょうか?

 

特に長い距離や、長い時間ランニングすると出てくる症状です。

 

 

こういった症状は、単に疲労や筋力不足などが原因だと思っていませんか?

たしかに、こういった原因も”要因の一つ”にあるかもしれません。

 

 

でも、こういった疲労の原因を軽減したり、

筋力に頼らなくても、下半身の重さやダルさを軽減できる方法があるとしたら・・・

 

知りたくありませんか?

 

 

実は、長い距離や長い時間のランニングをしていても

足が重くならない方法があります。

 

 

方法というより、それが「正しいランニング動作」といっても良いと思います。

 

 

それは、足の運びや自分の体重負荷の吸収を”筋力に頼らない”ということです。

 

 

では、足の運びや自分の体重負荷の吸収を

筋力や筋肉に頼らずにどこに頼るのか・・・?

 

 

それは、股関節です。

自分の体重を、しっかりと股関節で捉える事ができれば無駄な筋肉疲労は抑えられます。

 

 

 

ということで、今日は「股関節の脱力」トレーニングをメインに実施しました。

 

関節の脱力というと、いまいちピンとこないと思いますが、

関節間の負担や、関節間に関連する筋肉群の力みを制御することを「股関節の脱力」

と、ここでは言っておきます。(一番分りやすいと思うので)

 

 

そういった身体の使い方を習得する為のトレーニングを4種類ほど実施しました。

 

 

感覚的に”股関節の抜き”を意識することができ、下半身に無駄な負荷がかからず

軽やかに身体を運べるようになっていました。

そして、下半身の疲労感の軽減も感じて頂けました。

 

 

走ると出ていた臀部の痛みも無くなったと言っていましたね。

これは下半身を動かす上で、過度に臀筋を使っていて、その負担が軽減できたからだと思います。

 

 

 

 

この方は、今日で3日目のレッスンだったのですが、

「やっぱり教わってみるもんだな〜」

「身体の変化が実感できる」

「レースが楽しみ」

と、おっしゃってました。

 

 

僕がパーソナルしか請負っていないのは、”必ず効果や結果を出す為”でもあります。

グループレッスンだと、どうしても効果や結果が見切れない部分が生まれてきてしまうので・・・。

 

 

“お客様の要望に必ず応える”為にも一人一人違うメニューや内容を毎回考えています。

だって、お客様の要望は百人いたら百通りありますからね。

 

 

ランニングに関する”あなただけのお悩み”を解決して欲しいと思ったら、

是非、ROUGHに問い合わせ下さいませ。

 

 

 

ROUGHトレーナー 三浦直樹

 

 

 

最新のブログ記事

        こんにちは。 東京ランニングパーソナルトレー...
        こんにちは。 東京ランニングパーソナルトレー...
        こんにちは。 東京ランニングパーソナルトレー...
        こんにちは。 東京ランニングパーソナルトレー...
        こんにちは。 東京ランニングパーソナルトレー...