健康の為にランニングを始めた結果・・・ | 人生が変わる 東京 ランニング パーソナルレッスン ROUGH(ラフ)

健康の為にランニングを始めた結果・・・

皇居にてパーソナルレッスン。 健康の為に始めたランニングで、股関節、膝、腰の痛みに長らく苦しんでいて何とかして欲しいとのオーダー。 大腰筋と股関節の使い方、着地足のアドバイス。 「走っても全然痛くない!」 「身体がいつもより楽!」 「勝手にスピードが出る!」 のお言葉頂きました^ ^ #楽に走る身体の使い方 #ケガしないランニング #ランニング #ラン #ランニング指導 #パーソナルトレーニング #パーソナルレッスン #専属トレーナー #パーソナルトレーナー #ランニングトレーナー #フィットネス #ワークアウト #トレーニング #ダイエット #ランニング女子 #東京 #駒沢公園 #代々木公園 #世田谷公園 #皇居ラン #中目黒 #二子玉川 @naokimiura_official @naokimiura_tbw #リーボック #フロートライド #人間をきわめろ #リーボックワンアンバサダー #スポーツトレーナー

ROUGH ランニングパーソナルトレーニングサポートさん(@naokimiura_rough)がシェアした投稿 –

 

皇居にてパーソナルレッスン。

 

健康の為にランニングを始めてみたものの、

走ると、膝・股関節・腰が痛い…

 

苦痛なくランニングを楽しめるように何とかして欲しいというオーダー。

 

こういった悩みを抱えているランナーさんは多いのではないでしょうか?

 

健康の為に走っているのに、怪我をしてしまっては本末転倒ですからね…。

 

 

 

この方は、先週に施術もしたのですが、

 

全身の筋肉の過緊張、ハムストの硬結が強かったんです。

 

この時点で、走る時の股関節の力みが強いのと、足の操作を四頭筋で行ってしまっているな?と推測。

 

 

 

筋肉というのは力みが生じると、その機能を発揮しなくなります。

 

ですので、筋肉は柔軟性よりも弛緩性が大事だったりするんですね。

 

弛緩性が上がれば必然的に、柔軟性も向上します。

 

 

 

 

膝、腰、股関節に痛みを発生させたいために、下半身の力みの制御と、

大腰筋や股関節の使い方をレクチャーしました。

 

 

その後のランでは、

「全然、痛みが出ない!」

「身体が軽い!」

「勝手にスピードが出る!」

との感想を頂きました。

 

 

このように、ちょっ身体の使い方を変えれば、ランニング負荷は軽減しますし、

簡単にタイムが向上してしまったりします。

 

 

 

健康の為のランニング。

 

ただただ走り込んで身体を虐めるのではなく、正しく効率的に身体を動かして、健やかに楽しみたいですよね。

 

 

ROUGH トレーナー 三浦直樹

 

最新のブログ記事

        こんにちは。 東京ランニングパーソナルトレー...
        こんにちは。 東京ランニングパーソナルトレー...
        こんにちは。 東京ランニングパーソナルトレー...
        こんにちは。 東京ランニングパーソナルトレー...
        こんにちは。 東京ランニングパーソナルトレー...